FC2ブログ
良ちんの『日常を旅するブログ』
土地家屋調査士 斎藤良一が、旅や映画、読書等日常をつれづれなるままに書き綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーダーの言葉
あまりの忙しさにブログというもの自体をすっかり忘れておりました。

改めて新年あけましておめでとうございます。
今年は壬辰の年、大変動の年です、とはいえ決して悪いことではなく新しい息吹が吹く年とも言われています。

さっそく大阪市役所のほうからは新しい息吹が吹いております。素晴らしいことです。
しかし、野田総理の新年の記者会見にはびっくりさせられました。
なんとこれまで何の仕事もしなかった民主党政権が、「国民から金をひったくります。」という法案、すなわち消費税増税法案を不退転の決意で臨むのだという。
その時のフレーズが笑わせます。
「ネバー・ネバー・ネバー・ネバー・ギブアップ」というフレーズを使って絶対にあきらめずに国民から金をひったくります。と宣言したのだ。
驚きました。このフレーズは偉大な政治家・チャーチルがナチス・ドイツとの戦争勝利のために国民に語った有名なセリフです。
国民を鼓舞するための名演説の一部なんです。
だから国民から絶対に金を巻き上げるぞという自分たちを鼓舞するのとは意味が違います。
しかも、この消費税の前にやることが山ほどあるのにです。
いわずとしれた「公務員改革」です。これすらできずに国民からただ金を巻き上げるってひどいと思います。

それ以外にだってやることはいっぱいあります。非課税になっている政治団体、宗教団体、労働組合団体などから普通に税金を取るだけでかなりの額になるのです。こういった既得権益者だけが得をするシステムが戦後ずーと続いてきたのが今日のお金の足りない根本的な理由です。

ところが新しい風が大阪市役所から吹いてきました。
橋下大阪市長は次のような抜本的な改革を行うことを宣言し実行しようとしています。

・大阪都構想によって二重行政を改革  ・24区長を公募し区独自に予算権を獲得しきめ細かい区政を実行
・市役所改革という公務員改革を実行  ・職員基本条例案でサボる公務員に罰則  ・人件費カット
・自分らの権利ばかり主張し市民をないがしろにしてきた労働組合そのものとの対決
・市庁舎内の労働組合事務所に出て行けと勧告  ・市が認める団体への補助金約300億円を全面廃止
・赤い政治結社の影響下にある教育委員会を市長のもとに再編  ・公務員に日の丸・君が代への敬意を持つよう強い指導
・在日外国人の施設や労組の事務所への固定資産税減免を廃止  ・公立幼稚園の民営化 
・勤務時間中に組合活動が行える「組合休暇」というサボりを全面廃止  ・ゴミ収集事業の民営化
・弱者を装って生活保護を不正にもらえてた制度を縛り上げる(西成区ではなんと4人に一人が生活保護者だという)
(日常的に公金横領がされてきたのだ)
・大阪市の外郭団体を全面廃止(天下りの温床)

す、すごい。さすがの石原都知事でさえ行えなかった公務員改革を大阪市だけとはいえ抜本的に行うのだという。
まさしく救国のリーダーが出現したのだ。
武力の伴わない織田信長かもしれない。
彼はこれら一連の改革を次のような言葉で表現する。

「法律上の義務以外はすべてリセットする。」
あるいは「公務員という絶対的な身分保障に挑戦する。」

橋下氏はすでに命をかけて戦っているとしか思えない。戦後の65年間、ずーと続いてきた既得権益者をすべてリセットするというのは命がけでなきゃできないことだ。

素晴らしいリーダーの言葉はさらに舌鋒を鋭くする。

「既得権を破壊することが私に与えられた使命である。」

チャーチルという政治家も素晴らしいけれど、いやいやどうして日本にも真のリーダー、いや英雄が表れたのかもしれない。
まさしく壬辰の年、新しい息吹が吹く年に良い意味での大変動が起こる予感である。

間違ってもチャーチルの言葉だけを引用し、国民に負担だけを強いる似非リーダーだけは御免こうむりたいものだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://esconsul.blog66.fc2.com/tb.php/234-be8bffa3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

斎藤良一

Author:斎藤良一
E-mail:info@estate-consultant.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



アクセスキーワード(上位5件)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。