FC2ブログ
良ちんの『日常を旅するブログ』
土地家屋調査士 斎藤良一が、旅や映画、読書等日常をつれづれなるままに書き綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こころづかいと思いやり
テレビで何度も流れるコマーシャルがある。ある詩人の詩をモチーフにして作られたコマーシャルらしい。

「こころは誰にも見えないけれど こころづかいは見える。
思いは見えないけれど 思いやりは誰にでも見える。」

確かに言われてみると、そうである。今回の大震災で苦しんでいる多くの被災者に対して支援の手が差し伸べられている。
まだまだ不足しているとはいえ、世界中の人の支援の輪が広がっている。
そこにはまさしく、こころづかいがあり、思いやりがあるからだ。

しかしここにきて、支援・復興の中心にならなければならない民主党・政府要人にはたして被災者への「こころづかい」や「思いやり」があるのか疑問がわきおこる。

・原発事故初期段階での米軍の冷却材投下の申し出を寒総理は拒否、そのため対応が後手後手。
・松下電器など電池業界が用意した190万個の電池を政府は「被災地から特に要請がなかったから」という理由で送っていなかった。今も保管状態のまま。
・シナ、韓国からの救援隊にだけは国賓級の待遇をして、外務副大臣がわざわざ成田空港へ出迎え、しかしその他の国の救援隊に対しては、受け入れ拒否や、消極的な対応。とりわけ数百億円の義援金を送ってくれた台湾に対しては、シナ様の救援隊が到着するまでは空港で足止めにするという暴挙。(ちなみにシナ様の義援金はたったの1000万円)
・天皇陛下までが節電に協力されている計画停電だが、東京都民が協力し、電車も含めた多くの企業も協力している。それなのに寒総理の私邸のある武蔵野地域だけは特別に除外されている。すごいずるだわ。
・岡田幹事長は福島の被災者たちが避難しているさいたまアリーナを視察した際
「アリーナには人も物もたくさんありーな。」とダジャレを飛ばしてひんしゅくを買う。
・福島の人たちにはこの二週間屋外に出ないでと呼びかけていた。ところが突然自主的に避難しろと要請。
スーパーもない、ガソリンもない、餓死するかもしれない状況でバスも用意しない、ガソリンも用意しない、避難先も用意しない。自主的にどうやって避難しろというんだろうか
・海江田大臣は原発事故で放水で頑張っている東京消防庁のハイパーレスキュー隊に対して
4時間しか連続放水できない機材であるにもかかわらず、「ずっと放水し続けろ、そうしなければ処分する。」と恫喝。
その結果、貴重な消防車が壊れるというアクシデント。
・海江田大臣は不要不急の場合はなるべく節電するように呼び掛けていた。ところがまさしく不要不急でなおかつ賭博の疑いのある遊技場だけは節電協力から除外している。この賭博の疑いのある遊戯関係団体から海江田大臣は多額の献金を受け取っていることが判明。
・民主党の三宅雪子議員は、震災三日後の被災者たちが飢餓線上をさまよっているときに、次のようなブログを書いていた。
「あら、また余震だわ。少し怖い。でも今夜はアロマの匂いを楽しみながら英語の勉強でもしよっと。」
多くのブロガーから非難の嵐が湧き上がると速攻で削除する。

なんか書いててふつふつと怒りが込み上げてきた。
今朝のテレビでも石巻の被災者たちが一日に一食ぐらいしか食べられていないことが放映されていた。
私が以前行なっていた「不動産塾」の塾生であった石巻のある方から電話がきた。
「とにかく腹が減っている、物資が足りない、支援してほしい。」
刻一刻と状況は悪くなっているのが現実だ。
それなのにそれなのに、民主党政権はこんなありさまなのである、冷酷でこころづかいも思いやりのかけらもない。
あるのはただ政権延命したい心と、すべての責任を回避したいという卑怯な思いです。

あるブロガーが的確な表現で寒政権を揶揄していたので紹介しよう。
最初に紹介したテレビでよく流れる詩のアレンジです。

「こころは見えないけれど 政権延命したいという下心は見える。
思いは見えないけれど 責任を押し付けたいという思惑は見える。」
スポンサーサイト

【2011/03/25 09:41】 | 日記 | Author:斎藤良一 E-mail:info@estate-consultant.jp


プロフィール

斎藤良一

Author:斎藤良一
E-mail:info@estate-consultant.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



アクセスキーワード(上位5件)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。