FC2ブログ
良ちんの『日常を旅するブログ』
土地家屋調査士 斎藤良一が、旅や映画、読書等日常をつれづれなるままに書き綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免許証とカンニング
先週はこれまたお相撲さんの八百長同様どうでもいいニュースでテレビは過熱報道をしていた。
例の京都大受験において仙台の予備校生がインターネットを使ってのカンニングした事件である。
通常のカンニングが発覚した場合は、会場からつまみ出され不合格で終わりである。
間違っても逮捕や起訴はない。
ところがところが京都府警の逮捕理由がすごい。「社会的反響が大きいから逮捕した。」
えー、ではマスコミが大騒ぎしたから逮捕に踏み切った、マスコミが騒がなければ逮捕もない、そんなばかな。

逮捕の日、NHKは夜九時のニュースでトップニュースでしかも10分以上にわたってこのカンニング事件を報道していた。
異常である。
なぜなら世界中のまともなメディアは、リビア情勢をトップで報道しているからである。
そしてこの日はもう一つ重要なニュースがあったのだ。
NHKのカメラマンが殺人事件を起こし逮捕された日なのである。
しかしカンニング事件で集中的な報道をしたためこの殺人事件は報道をしていない。
編集権を盾にカメラマンの事件を隠そうとしたのかもしれない。
例によって「総合的に適宜に判断した。」のだろう。・・・超便利なフレーズです。

カンニングよりもっと悪質なカンニングがありました。
以前、NHKの経済部の人だったか、事前に入手した経済情報を利用しインサイダー取引をして逮捕された事件がありました。
こういう重要なニュースはほんのちょっとだけ報道して、未来のある19歳の男の子のカンニングは過熱報道して未来を台無しにする。
おかしいよ、メディアは。


そしてさらに重要なニュースは続く。
民主党のM外務大臣が在日韓国人から違法の献金を受け取り辞任した事件である。
政治資金規正法では厳しく外国人からの献金を禁止しているのである。
理由は外国勢力からの政治への影響行使を恐れるからであり当然のことである。
ところがテレビ朝日のニュースキャスターは発狂したように「外国人だって献金してなんでダメなんだ。」と吠えていた。
完璧に放送法の公正・中立報道を逸脱している。

今回の在日外国人による違法献金事件の発覚したきっかけの一つが調理師免許にある本籍「韓国」という表示である。
本籍欄があったからわかったのである。
ところが先日、免許証の書き換えに行ってきて驚いたことがあった。
新しい免許証では本籍欄がないのである。
これまでこの本籍欄には日本人はいわゆる本籍が記載されていた。
外国人の場合はここに自分の母国が記載されていた。
この日本人か外国人かの区別ができる重要な本籍欄が隠されることになったのだ。
何か不穏な圧力が働いたのではあるまいか。

日本の戸籍制度は世界にもまれな素晴らしいものであり日本の宝である。
この戸籍制度は大化の改新の時に制定され、この戸籍制度と天皇陛下がおられるから日本は安定しているのである。
現在の戸籍はそれまでのものを整理し明治4年に民部省で作られたものが基本となっている。
この戸籍制度によって全国の人民は把握されてきた。
だからどこで誰から生まれどんなご先祖がいたか、縁戚関係がどうなっているのか、どこまでもさかのぼれるのである。
一方ヨーロッパやアメリカのようなほとんどの国には戸籍がない。
あるのは銀行などが作った個人信用情報センターが管理している個人情報のみである。
国家が管理している帳簿もあくまでも個人を基本としていて、日本の戸籍のように膨大な縁戚関係がすべてわかるものはない。

この日本が安定している遠因にもなっている戸籍制度を廃止しようと企んでいるグループがおもには民主党内にいる。
彼らは戸籍を呪詛し安定した日本を恨む。
免許証の本籍欄がなくなったのは一つの成果かもしれない。

19歳の男の子のカンニング事件などより、重大なニュース、日本を破壊しようとしている恐ろしい水面下の動きなどが毎日毎日すさまじい勢いで起きているのである。
そう、民主党の土肥議員が「竹島領有権、日本は主張中止を。」という超売国奴のニュースもしかりである。
日本のメディアが重要なニュースをきちっと報道するBBCのようなメディアに生まれ変わることを祈るばかりである。

3月10日、陸軍記念日の日に記す。
スポンサーサイト

【2011/03/10 18:46】 | 日記 | Author:斎藤良一 E-mail:info@estate-consultant.jp


プロフィール

斎藤良一

Author:斎藤良一
E-mail:info@estate-consultant.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



アクセスキーワード(上位5件)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。