FC2ブログ
良ちんの『日常を旅するブログ』
土地家屋調査士 斎藤良一が、旅や映画、読書等日常をつれづれなるままに書き綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋霜烈日
検察官12 左が「秋霜烈日記章」と言われる検察官バッジ、右が検察事務官バッジ

以前キムタク主演で人気が出た検察官ドラマ「ヒーロー」がとてもおもしろかった。
現在、悪徳政治家のゼネコン汚職を追及すべく検察官たちが執念の捜査を展開していることもあり、今日は検察官の話を書くことにしよう。

キムタクが演ずる久利生(くりゅう)検事は異色の検察官である。ジーンズにTシャツや革ジャン、ダウンパーカーなど、服装も常識はずれだが、行動も他の検事たちとは一線を画している。
ふつうは大学の法学部を卒業して司法試験に受かり検事になるが、なんと久利生検事は高校退学のため中卒である。その後、努力して大検に受かり、見事司法試験に合格した変り種である。
通販グッズオタクでもあり、他の検事たちからは「このお兄ちゃん、大丈夫か?」と疑念がもたれていた。
ところが捜査が始まると、独特の視点、鋭い洞察力を展開し、難解な事件を解決していくのである。

悪徳政治家のゼネコン汚職を解決するシリーズもおもしろかった。
その政治家は巧妙なトリックを使いアリバイが完璧と見られていた。そのため捜査が難航し検事たちは苦悶していた。
しかし久利生検事はアリバイ写真に写っている日付と、人物写真の髪の毛を押さえている不自然な姿をとらえ、そこから事件の真相に迫っていくのである。
こうして悪徳政治家を逮捕に持っていくのである。
ところが捕まった政治家は、検事らしからぬ服装に疑いを持ち「君はなんなんだ?」と問い詰める。
すると、久利生検事は、ジーンズのポケットから、上の写真の検察官バッジを取り出し、「検事ですが何か?」と言いのけるのである。

この検察官が胸にする特別のバッジこそ、秋霜烈日(しゅうそうれつじつ)記章と言われるものである。
意味するところは、秋の霜、真夏の苛烈な日差し、どちらも厳しい自然を表すものであり、相手が誰であれ、厳しく捜査をするという意味らしい。

この秋霜烈日バッジにこそ、検察官の誇り、使命感、責任感がすべて込められているのである。
完璧なトリックに惑わされたり、お金も権力もある人物には普通であれば、追求する心がひるんでしまいがちだ。
だけど、検察官にだけ与えられる特別なバッジ「秋霜烈日記章」を見れば、どんな困難な捜査でも完遂しなければならないという使命感が生まれてくるはずだ。

ぜひとも検察官におかれては、「秋霜烈日記章」を再度心に刻み、丹念な捜査をし、巨悪にひるむことなく、正義を実践して欲しい。

私の本業のホームページ 不動産法コンサル・サロン http://www.estate-consultant.jp
スポンサーサイト

【2010/01/19 16:51】 | 日記 | Author:斎藤良一 E-mail:info@estate-consultant.jp


プロフィール

斎藤良一

Author:斎藤良一
E-mail:info@estate-consultant.



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



アクセスキーワード(上位5件)



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。